· 

江差の味な歳時記

今から2年半年前の2020年1月、中国ではやり始めた新型肺炎のニュースを見ながら「大した影響はないだろう・・」と日々の仕事に没頭しておりました。

 

実はこの頃、「旧店舗の改装をしようか?場所を移して生活重視の飲食店営業をしようか?」いろいろと悩んでいた時期だったのです。

 

3月に入り送別会ラッシュのかき入れ時、北海道でもコロナ感染のニュースが出始めたとたん・・・

 

店の電話が鳴る・鳴る!ほとんどが予約キャンセルの電話。嫁は「もう電話に出たくない‼」と。

この時の嫌な思い出が、コロナに翻弄されるスタートになるとは思いもよりませんでした。 

 

最初の緊急事態宣言の頃はテイクアウトブームもあり、宣言解除後はお客様の回復も早かったり国や行政の助成金などもありそれほど打撃は受けていなかった様に思います。

雲行きが怪しくなってきたのは、2020年の後半ですね!

外食しない事に慣れ、会食も少しだけ、出張で来店する方も激減でした。

 

「新地」は小さいながらも繁華街、コロナの影響はススキノや銀座と一緒でした。

この頃から「移転」の文字が頭をよぎる様になりました。             続く